竹内涼真

誰もが認める高身長爽やか系イケメンで話題の竹内涼真。

2013年フジテレビ系のドラマ「車家の人々」でデビューし、2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』出演を一つのきっかけとしてブレイクした竹内涼真。

CM・声優・バライティなど幅広く活躍し、男性芸能人のインスタフォロワーランキングで5位につけるなど、まずまずの人気ぶりですね。

スポンサードリンク

演技力のウワサ

話題の竹内涼真ですが、演技に関しては「ワンパターン」「棒読み」「わざとらしい」などのネガティブな意見をたまに見かけます。

ということで、今回は”演技力”という観点から見たらどのような評価を得ているのか、過去の出演ドラマや映画の評価を参考に調べてみました!

仮面ライダードライブ

2014年から2015年にかけて放送された『仮面ライダードライブ』に主演で出演されました。

つまり、仮面ライダー役ですね。こちらの作品は映画も公開されました。

まだ竹内涼真さんがブレイクする前の成長真っただ中の時期ですね。

撮影当時、竹内涼真は平成ライダー作品でもおなじみの監督、石田監督から「死んだ魚の目」などとかなりのダメ出しを受けていたそうです。

死んだ魚の目というのは、演技に人間の感情が乗ってないということでしょう。

それに対して視聴者の声は、「初回は微妙だったが最終回までにはかなりの成長を感じた」というような声も見受けられたので、演技力は少なくとも下手ではなさそうです。

スポンサードリンク

下町ロケット

2015年の連ドラ。ある中小企業の社長が、自身の会社で作った部品でロケットを飛ばすことを目標にし、いろんなトラブルに立ち向かっていくストーリー。

2018年には下町ロケット2、2019年には特別編も製作。長期に渡って放送されています。

竹内涼真は、ここの会社に勤務する立花洋介という技術者を演じています。ここでの竹内涼真さんの評番は、多くは聞こえてこないです。

前半は出番も少ないので評価はありませんでした。後半は悪評価もありましたが、高評価も多くなっているように思いました。

いわゆる賛否両論ですね。

ひよっこ

2017年放送NHK連続テレビ小説、俗にいう朝ドラの『ひよっこ』に島谷純一郎役として出演されました。

世間ではこのドラマでブレイクしたとされていますが、そのわりには評判があまり良くない印象。

当時、竹内涼真は自身の演技に対して「反省点が沢山ありすぎてキリがない」というようなコメントを残しています。

視聴者の声はというと、「最高にかっこいい」などといったルックスを評価する声が多く、演技に対する評価を述べている人がなかなか見当たらず、当時の演技力はよかったとはいえなさそうですね…

また、後に放送されるドラマ『テセウスの船』での演技力における評価の中で、「ひよっこの頃と比べたら良くはなったが…」といった声もあったので、この頃の演技力としてはイマイチといったところでしょうか。

スポンサードリンク

過保護のカホコ

2017年放送の連続ドラマで大学生の麦野初(はじめ)役で出演されました。主要キャストといっていいでしょう。

このドラマでは演技の評価が他のドラマよりも好評だったように思います。

視聴者からの声の中には、

「ひよっこのときと印象がガラッと変わった」

「演技にメリハリがあって、いろんな表情が見れた」

「セリフ、表情、身のこなしが普通の大学生っぽく表現されていた。」

といった評価がたくさん見られました!

中には「ちょっとわざとらしいかな」といった意見もありましたが、ほとんどの視聴者が竹内涼真の演技力は”良かった”と評価しています。

このドラマの放送は『ひよっこ』より後ですが、ほぼ同時期だったので、『ひよっこ』放送の頃から成長したというよりは初の役は竹内涼真に合った役だったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

陸王

2017年放送の連ドラ。主演の役所広司さんが演じる老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長が、今までにない新しい形のランニングシューズを作り、竹内涼真演じる大手会社の陸上部に所属するマラソン選手の茂木裕人に着用してもらうために、たくさんの壁を乗り越えていくストーリー。

ここでの評判は、冒頭に挙げたような「ワンパターン」「棒読み」というような悪評が、目立ちました。

前述の好評だった「過保護のカホコ」直後のクールですが、打って変わってという印象。悪評の原因はこのドラマでしょうか?

テセウスの船

竹内涼真

出典:女性自身

2020年放送の連ドラで、最終回は20%近い視聴率をたたき出した人気ドラマ。主演として出演されました。

父親が殺人を犯したとされる場所に訪れた竹内涼真が演じる田村心が、殺人事件が起こる少し前(昭和)にタイムスリップして事件を未然に防ぐために動くが、トラブルにどんどん巻き込まれていくストーリー。

このドラマでは、過去一といえるくらい圧倒的に演技力の評価をされていました!

特に泣きの演技が好評のようで

「竹内涼真の泣きの演技にもらい泣きした。」

「泣きのシーンは引き込まれた。」

「見た目も演技もバケモンだ。」

などなど絶賛の声が多数寄せられていました。

ですが過去の評価と照らし合わせて考えると、この数年で”上手くなった”という印象ですね。

それに、共演の方々も豪華キャストで、その方々の名演に支えられた部分もあると思います。

とはいえ、名優たちに引けを取らない演技だったという意見も散見されました。

実は私もテセウスの船はとても好きで、竹内涼真が涙を流すシーンはもちろんのこと毎回、感動してました。

スポンサードリンク

プロフィールなど

  • 生年月日:1993年4月26日
  • 出身地:東京都
  • 身長:185cm
  • 血液型:A型

学生時代はサッカーを本格的に取り組んでおり、高校時代には東京ヴェルディユースに所属していました。

今でもたま~にサッカーをメインとした番組やコーナーに出演しているのを見かけます。

2013年4月、女性ファッション誌『mina』の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でグランプリを獲得。

2013年8月に「車家の人々」が実施した「次男は君だ!!オーディション」でもグランプリを獲得し、同年10月より放送のミニドラマ『車家の人々』で俳優デビュー。

2014年10月に『仮面ライダードライブ』の主演を演じ、その後の活躍はご存知の通り。

スポンサードリンク

まとめ

経験を重ねるごとに評判は良くなっているという印象でした!

もとから抜群の演技力があったというよりは、最近になって評価が上昇したという点からみて、現在も成長中なのかな?ということでこのようにまとめます。

まだまだ若い竹内涼真。今後のさらなる活躍にかなり期待できますよね。

また、2020年5月15日の公開予定がコロナウィルスの影響で残念ながら公開延期となった「太陽は動かない」という映画も楽しみです。

藤原竜也と初共演の映画です。予告編を見ましたが、かなり迫力がありました。爆弾を埋め込まれた2人のエージェントが繰り広げるサスペンスアクションだそうです。

最後に紹介した『セテウスの船』での素晴らしい演技のように、視聴者の心をつかむような演技をする竹内涼真を今後はもっと見かけられると思います。

スポンサードリンク