北川景子

北川景子さんはモデル活動を経て今やドラマや映画に引っ張りだこの大人気の女優さんです。

2018年には「なりたい顔ランキング」で1位に輝くほどで、特に多くの女性からの支持を得ているとのこと。

ご結婚、ご出産後も以前と変わらぬ美貌を維持し、復帰後も続々と多くの人気作品に出演され、さらに魅力的な女優さんへと進化を遂げています。

これだけ多くの作品に出演している人気の女優さんですから演技力ももちろん評価されているはずです。

実際の世間の評価はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

北川景子の演技の評判

冒頭でも述べたように多くの作品に出演されており、北川景子さんの長年の芸能界での活躍や、存在感というものは相当な努力の上で成り立っているはずです。

ですが意外にも北川景子さんの演技力については賛否両論様々な意見が見受けられます。

女優として活躍している限り演技力の評価というものは当たり前について回るもの。

北川景子さんは現在、大女優と呼ばれるような位置ではなく演技力が際立って高評価されている印象があまりないというのが現実です。

スポンサードリンク

「約束のネバーランド」の演技

人気マンガアニメ「約束のネバーランド」の実写版でママ役として出演されています。

北川景子さんが持つ美しく強いイメージとマンガのママの雰囲気がとてもマッチしていて公開前から話題となっていました。

期待されていた作品だけにその評価も気になるところです。

「約束のネバーランド」での北川景子さんの演技がどのように評価されているのかツイッターをチェックしてみました。

高評価なコメントは

「北川景子はまじ演技うまい!」

「とりあえず浜辺美波と北川景子の演技力は流石だなと思いました」

「子役たちの演技は未来に期待するとして、北川景子の演技力は迫力あって、鬼より怖った」

「ママ役の北川景子さんの演技が怖くて仕方なかった」

アニメ、漫画をも超える実写ならではの迫力のある演技でファンを魅了しています。

逆に低評価なコメントはほとんど見受けられず、この作品では北川景子さんの演技は大変評価されている模様です。

スポンサードリンク

「謎解きはディナーのあとで」の演技

2011年10月に放映された北川景子さんほぼ主演(櫻井翔主演)の連ドラです。東川篤哉さん原作の推理小説が原作となってます。

ヒロインの宝生麗子といういわゆるお嬢様という役どころ。北川景子さんの上品な雰囲気から令嬢役というのはピッタリに思えます。

しかしながらこちらの作品では残念なことに演技に対して非常に辛辣なコメントが多数見受けられました。

「謎解きのドラマの北川景子の演技がやっぱり違和感」

「北川景子の演技が微妙」

「北川景子の演技がイマイチでシリアスなシーンで笑ってしまった」

逆に高評価なコメントは

「北川景子の演技はいい」

「北川景子の演技というかキャラが可愛い」

「北川景子のお嬢様演技がなかなかカワイイ」

演技が良かったというコメントはあるものの、やはり演技力というよりは北川景子さんの美貌に魅了されているコメントが多かったです。

2011年の作品なので北川景子さんも経験が浅かったのかもしれませんが「謎解きはディナーのあとで」での演技評価は酷評が多いという結果となりました。

スポンサードリンク

北川景子のプロフィールなど

北川景子

出典:NEWSポストセブン

  • 生年月日:1986年8月22日
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:160cm
  • 血液型:O型

高校生の時にモデル事務所にスカウトされます。そして2003年に「ミスSEVENTEEN」でモデルデビュー。

さらに同年にテレビドラマ「美少女戦士セーラームーン」で女優デビューします。

その後は多くの映画やドラマに出演し、主演作は実にドラマ14作品・映画10作品にのぼります。

2016年にタレントのDAIGOと結婚。

まとめ

ラブストーリーのヒロイン役や、ミステリアスな役、時代劇など、これまで北川景子さん顔出演された役柄は様々です。

しかしどの作品も演技が高評価だったというわけではなく、演技評価がイマイチな作品もありました。

やはり作品によって演じやすいキャラクターやハマり役というのがあるのかもしれません。

「約束のネバーランド」のように最近の作品では演技の評価も好印象なものが多いので、これからもどんどんと幅広い役に挑戦し、北川景子さんの演技が光る作品を期待します。

スポンサードリンク